読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ的ななにか

@Maleic1618

#FE,クリアしました.

久々の記事になります.

昨年の末に発売された「幻影異聞録 #FE」を購入し先日クリアしました.他の方の参考になればと思い,自分用の記録も兼ねてこちらに文章を残します.あまりがっつり書くつもりはないですが.ちなみに難易度NORMALです.

(数学まったく関係ありませんが,書くところがなかったのでこちらで.)

 

・テーマとかPVとかについて

Nintendo Direct 2015.4.2 出展映像 幻影異聞録♯FE - YouTube

幻影異聞録♯FE 織部つばさ デビュー曲紹介映像 - YouTube

主人公たちはファンタジーで出てくるような異世界に現れたヒーローではなく,現実にもいるようなアイドルや俳優たちです.PVは実際にあってもおかしくなさそうな,ライブ映像や音楽をベースにして作られており,編集でよりカラフルでより華やかな映像になっています.スタッフの方が現実世界で人々が憧れるようなものを集めた,と仰っていましたが,まさにそれに惹かれて購入しました.(筆者はアイドルグループとか戦隊ヒーローものとかは全く見ないのですけれどね.)

アニメーション等も気合入れて作られており,1つのアニメを見ているかのようなゲームでした.

 

・ゲームシステムについて

<戦闘>

基本はポケモン世界樹の迷宮みたいな感じでラウンドごとに敵味方が行動を選択し,早い順に行動していくというもの.

それだけだとよくありますがこの作品ではセッションというシステムがあり,相手を弱点属性で攻撃すると仲間が追撃を行ってくれます.その際,各キャラクターは専用のモーションとセリフつきで(時にはカットイン付きで)追撃を行うのですが,そのおかげで仲間との一体感を感じられ非常に楽しかったです.

でもスキップ機能は欲しかったかも.

 

<イベント進行>

主人公たちはTOPICと呼ばれるLINEのようなアプリで連絡を取っており,ゲームパッドを使ってアプリを操作することが出来ます.

ストーリー上重要な連絡が来た際は主人公の操作が一時的に出来なくなり,強制的にゲームパッドを見て連絡を確認させられるのですが,この時主人公は立ち止まって携帯を見ており自分たちが要件を見終わると主人公も携帯を閉まって目を上げるのです.

TOPICのようにゲーム内で携帯を使ってあれこれするというのは他のゲームでもよくあると思いますが,主人公のモーションをうまく使っていてとても面白いなあと思いました.

 

・ゲームバランスについて (未クリアの方は見ない方がいいかも)

全体的に押せ押せのバランスです.

飛び入りサブキャストがない前半は補助がだいぶ効果的でしたが(ドーガ戦ではとてもお世話になりました),後半は補助なんか放っておいて,セッションしまくってSPゲージを溜めていくのが安定しました.(でもラクカジャは強かった)

筆者のプレイ時は主人公のモデルポーズ(各キャラが1回だけ連続行動できる)→虚空斬波(単体物理攻撃+耐性低下のデバフを与える)からの味方の猛セッションが大ダメージを与えられ,さらにセッションのおかげでSPゲージが1つ貯まるのでとても強かったです.スペシャルパフォーマンスが来るともう止められなくて,後半のボスは大体そんな感じで数ラウンドで倒していた気がします.

ストーリーとアニメーションを楽しみたかったので,戦闘があまり難しくないのは私にはありがたかったですが,そちらを楽しみたい人にはあまりお勧めしないかも.

 

・その他

いくつか書きます.

つばさのサイドストーリー「心を開いて」でリトルデビルと言われている猫を探すのですが,TOPICで「探してた猫見つけた!追いかけてる!」みたいな連絡を受けたのでずっとつばさを探したけど見つからず,だいぶ時間がかかりました.つまらないミスリーディングやめてくれー!

 

上で書いてたような感じで,一瞬で戦闘は終わらせていたので状態異常対策は一切とっておらず,ラスボス戦で非常に苦労しました.封印でモデルポーズが使えずめっちゃ大変だったし,回復に追われてたらメギド連発しだすしで無理ゲ―でした.ちなみにレベリングをしたのはドーガ戦とラスボスだけです.

 

とまあ一応こんな感じでした.とても面白かったです!